Call for Artists —
The Blue Sky Project 2010

A call for artists message sent from artist ON megumi Akiyoshi:

There is an exhibition in Niigata prefecture this Summer
that I’ve participated in ’07 & ’08 with Yoko Ono etc.
I am joining this year again, and they are calling for participations.

Please read the link for details:
http://blueskyproject.blog119.fc2.com/blog-entry-5.html

If you are willing to be a part of, please contact Mr. Michio Horikawa by July 7th,
and email your image by July 20th.

Michio Horikawa
1-16-4 Higashishiro-cho
Joetsu-shi  Niigata-ken
JAPAN  943-0836
025-521-2725
michio226@blue.plala.or.jp

This show will be held at the civic gallery, and Imai museum in Niigata.

——
——

http://blueskyproject.blog119.fc2.com/blog-entry-5.html

Dear Sir/Madam,

I am pleased to announce the 5th Blue Sky Project exhibition for this year.

Please participate in an art event through the Internet!
Our Theme Is World Peace, Our Motif is the Blue Sky That Envelopes Earth
The 5th Blue Sky Project: An International Exhibition–Love, Blue Sky, and Peace

Participation Guidelines
1. Purpose
On September 11, 2001, the New York-based art historian Reiko Tomii photographed the tragedy of World Trade Center from her home, and uploaded three photographs for her Japanese friends. After a few years, I looked at her photographs and other documentary photographs, I realized one thing: there was a beautiful blue sky over New York. There was also a beautiful blue sky over Hiroshima on August 6, and over Nagasaki on August 9, 1945, when atomic bombs were dropped on these Japanese cities. The blue sky was the backdrop of historic human follies, again and again.

I decided to reverse the situation–making the blue sky for a. backdrop of world peace, and conceived Blue Sky Project: An International Exhibition.

This year, we are organizing the 5th exhibition.

Above the clouds, there is the blue sky that envelopes the Earth. We will never make the beautiful blue sky a backdrop of war, nuclear bombing, terrorism, massacre, and other destructive acts. Never again.
The blue sky is our shared motif. We want you to freely express your hope for happiness of all the people in the world. We want to tell this message to many people in the world.

2. Theme
Message from the Blue Sky (world peace, international understanding, international friendship, human rights, well-being, environment, etc.)

3. Period&Venue
a) July31 (Saturday) to August 8(Sunday), 2010
Civic Gallery, Takada Library in Takada Park, MotosiroCho, Joetsu City, Niigata Prefecture, Japan

b) Round Exhibition /August 20,21,22,27,28,29, 2010
Imai Museum, Mitsuke City, Niigata Prefecture, Japan

4. Participation Guidelines: To participate from abroad
1) One work per each artist.
2) No participation fees required.
3) You may send your work (up to A3 size) via e-mail attachment or air mail. Please keep the attachment file under the reasonable (e-mail-compatible) size.
4) Any medium is fine, as long as the work expresses the exhibition’s theme: painting, poster, illustration, illustrated letter, calligraphy, message, instruction, computer graphics, photograph, photo-mail, etc. They must be submitted in a digital form via e-mail attachment.

6. How to Participate
1) Application deadline: extended to July7 for participation from outside Japan
Please contact Michio Horikawa at michio226@blue.plala.or.jp
2) Delivery deadline: July20, please send as e-mail attachment
3) Installation: July31, deinstallation: August 8
Round Exhibition /Installation: August 19, deinstallation: August 29
5. Others
1) All participating works will be posted on the exhibition’s website.
2) Official website for the exhibition in 2006-2009: http://picasaweb.google.com/blueskyproject06/

6. Organizer: Blue Sky Project Exhibition Organizing Committee (as of June10)
Michio Horikawa, Tadashi Maeyama, Noriko Kanaya, Kenji Funami, website: Shinichi Noguchi

7. Sponsors
City of Joetsu
Joetsu City Education Board
Joetsu International Exchange Association
Joetsu Art Education Federation

8. Contact for Organizing Committee
Blue Sky Project Exhibition Organizing Committee
(Attention: Horikawa Michio)
1-16-4 Higashishirocho, Joetsu , Niigata Prefecture 943-0836 JAPAN
Tel&Fax: +81-25-521-2725
e-mail: michio226@blue.plala.or.jp

——–
——–

インターネットの良さを生かしたアート・イベントにゲスト参加を!

5回Blue Sky Project国際美術展

Love Blue Sky & Peace-ゲスト参加要項

地球を包んでいる青空。青空は一つ。青空をモチーフに世界平和への思いを表現する。

(Key Word/国際平和、国際理解、国際親善、国際交流、人権尊重、福祉、エコロジー)

1 趣旨

青空は雲の上にあって地球を包んでいます。青空は一つにつながっています。美しい 青空を戦争、原子爆弾、テロ、大量殺戮、破壊のための破壊や収奪などの背景としてはなりません。青空を共通のモチーフとし、世界の人々の幸福につながるテーマをアートで自由に表現し、広汎な人々に伝えたいと考えます。皆様の参加をお願いいたします。

ニューヨーク在住で美術史家の富井玲子さんが、2001年9月11日の同時多発テロその時の世界貿易センターを自宅近くから撮影され、ネット上に3点の写真を公開してくれました。数年の時を経て、その写真と報道された数多くの写真を見つめ直し、当日が美しい青空であったことに改めて気付きました。そして、1945年8月6日の広島、8月9日の長崎に原子爆弾が投下された日も青空であったことに思い至りました。美しい青空の日を選んで歴史を汚す大いなる愚行が繰り返されてきているわけです。

このような視点を逆立させ、青空をモチーフに世界の平和を希求するBlue Sky Project国際美術展を構想しました。そして5回の連続開催目標を掲げて取り組んできました。今年は第5回最終展です。

(2006年,参加者67名.2007年,参加者116名.2008年参加者131名.2009年参加者127名)

2 会期と会場

①上越展 7月31日(土)〜8月8日(日)

(10:00〜19:00、月は休館、土日は18:00まで、最終日16:00終了)

会場 上越市立高田図書館•市民ギャラリー

新潟県上越市本城町8-30 高田公園内 025-523-1086 〒943-0835

展示:7月31日(10:00〜13:30)で開会14:00/搬出:8月8日(16:00〜18:00)

②見附展 8月20日(金)〜29日(日)

(※金、土、日開催、10:00〜17:00、最終日16:00終了)

会場 見附市・今井美術館 見附市学校町2-8-8 0258-63-4501 〒954-0052

展示:8月19日(14:00〜18:00)/搬出:最終29日(16:00〜18:00)

3 作品の規格

① 作品について

趣旨・テーマを表現したアート作品で形式は自由。出品点数は1人1点。

② 作品のサイズ

平面作品 S10号(53cm×53cm)以内。(メール添付は送付可能なメガ数で)

立体作品 郵送、宅急便で送付可能な範囲。

(但し、規格サイズ内でハガキや紙片、小品による組み合わせ展示は可)

4 参加申し込み&作品送付について

① 参加費は無料。申し込み締め切りは6月30日。

② 事務局は参加申込を確認し、必要書類を送付する。

③ 事務局は案内状を7月7日頃までに作成し、各参加者に送付する。

④ 参加者は7月25日までに事務局へ作品を搬入、送付する。

5 その他

① 事務局への作品搬入、送付方法は手渡し、郵便、宅配便、電子メールの4つから選択する。

② 作品搬入の費用は参加者の負担とする。返送費用は主催者で負担する。

③ ガラスで額装された作品の搬入、送付に当たっては必ず「取扱注意」を明記する。

④ 外国からの作品送付は、原則として電子メールを使用するものとする。

⑤ 作品の展示、写真撮影、広報等の使用権は実行委員会に帰属するものとする。

⑥ CDや電子メールで送付されたデジタル作品は、A3サイズ以内にプリントアウトし展示される。

⑧ 参加者全員の出品作品をプロジェクトのホームページで紹介する。

⑨ ビデオ、DVD作品などで視聴覚機器が必要な場合は準備のため早めに連絡をお願いします。

⑩ 現場でのパフォーマンスの場合は出演日時を調整する。

⑪ 第1回〜第4回‘06展〜‘09展のホームページは下記をごらん下さい。

http://picasaweb.google.com/blueskyproject06/

6 主 催 Blue Sky Project展実行委員会 (6月10日現在)

堀川紀夫、前山忠、金谷範子、筑波進、舟見倹二、古田洋司他 Web担当 野口慎一

7 共 催 見附市 今井美術館

8 協 賛 ギャラリー花地蔵(5月1日現在)

9 後 援

上越市 上越市教育委員会 見附市教育委員会 上越国際交流協会 上越美術教育連盟 その他

10 関連行事(最終回に当たり、講演会、協賛展(同一会期)、交流会等を実施する。)

① 記念レクチャー「from NEW YORK」 美術史家 富井玲子(NY在住、本展のコンセプト写真撮影者)

② 「杉みき子と村山陽の青空世界」展 会場 ギャラリー花地蔵企画(本町4)

③ 「筑波進の青の世界」展 会場 Art&Design室(上越市南教育センター内、本城9)

④ 「舟見倹二と青空」展  会場 自宅ギャラリー(南城3)

⑤ その他(交流会,ゲスト作家の招聘等企画中)

11 事務局

Blue Sky Project国際美術展実行委員会事務局 堀川紀夫(Horikawa Michio)

943-0836 上越市東城町1-16-4  Tel&Fax 025-521-2725

メールアドレス michio226@blue.plala.or.jp

592 total views, 1 views today